さぁ手術室へ。
手術着に着替えいざ出陣!ドキドキしながらエレベーターに乗る。・・ヘンな感じだ・・。よくテレビである手術室の自動ドアが開かれると・・カベの塗り替え(?)に励むおじさん達がいた。「?!」

アタシに気付いてません、全く知りません的な態度で仕事をなさってるが・・明らかにおかしい。違和感ありありだ。その横でスリッパに履き替えして6室ぐらい並ぶ手術室の一つに入る。

スーパーのように静かにBGMが流れていた。10畳ほどの広さか・・?そんなに広くなくベットを真ん中に医者、看護士で6人ほどいた。

ベットに横になると手術着の上にバスタオルを掛けられる。「服外しますね」「?」心音とか計る為、低調音波のペタっと張り付くモノを幾つか張られる。・・素っ裸でやるのかよ・・。

そして噂の(?)腰椎麻酔・・!エビのように丸まれば丸まるほど痛くないという・・。これでもかっって位丸まったら・・ホントに痛くなかった。点滴と変わらない。

注射終了後、一瞬にして下半身がしびれた。看護士に「コレおもしろいね」というと「そういうことおっしゃる方は珍しいです」と笑顔で言われたけど、初体験なもので・・。

氷を当てたり、針で突いたり感覚がないか確認される。「どうですか?」「んー・・そこそこ。」「え・・。」ホントそこそこなんだって。感覚がぼんやり無くなっていくからよくわからんのよ。

そして全て感覚がなくなった後、点滴投入。「3秒で眠くなりますから・・1・・2・・」・・なぜかここで、寝たらいかん!と思い閉じてくる目をカッと開いた・・けど記憶はそこまで。

ー「目が覚めるで!」っていう医者の声で目が覚めた。2時間かかってなかったかな・・。あの医者の一言はきっと「これ終わったら飲みに行こうや~・・。あ!目が覚めるで」に繋がってたに違いない。・・いや、知らんけど。
[PR]
# by dysplasia | 2007-01-25 13:28 戻る
12月21日。
いよいよ手術当日。今日夜5時から後の順番予定。う~!

午前中にかわいい看護士さんニコニコ顔でやってきた。「便秘でないから浣腸ナシでいいですよ」・・やったー!やったことないけど、いいもんじゃぁないだろう。

「今から剃毛しますので」おお・・。きたか・・。内診台に乗ってじょーりじょり・・かと思いきや、普通の担架風ベットのある狭い部屋に通された。「え?!まさかここで?」「ハイ」振り向くと看護士さん、フツーに除毛器?ワキ剃るウイーンを持って立ってる。

「・・それやったら自分で出来るんやない?」「イエ、きちんとできないと困るんで・・」担架ベットに横になりウイーン・・・。もうどうにでもして・・。

・・その後自分の下腹部が坊主頭の子供に見えてウケた。

シャワーも浴びゴロゴロしてたら2時過ぎに「手術早まりましたのでコレに着替えてください」「えっ」早まりすぎやろう・・。

手術着とヘンなシャンプーハットのようなかぶりものを渡される。「帽子、手術室着いてからかぶっていいですよ」・・当たり前だ。こんなもんかぶってエレベーター乗れるか。

そして手術室へ。ー疲れたのでまた明日。おやすみなさーい。
[PR]
# by dysplasia | 2007-01-23 21:40 戻る
さぁ書くぞー12月20日
明けましておめでとうございます・・。もう23日になってしまったので一ヶ月前の話となります。ホント時間の過ぎるのは早いですね。・・ふ・・。

さて入院当日・・2時までに病院に入りました。4人部屋でおばちゃん達とも上手くやっていかなきゃな・・とか思いつつ病室に連れて行かれると、全員小学生だった。・・むぅ・・これは予想外・・!どうすれば・・?!

しかも荷物の片付け終わったら・・パジャマに着替えるべき?!とりあえず座ってマンガとか読む。・・落ち着かん・・。

そのうち看護士さんが院内の案内をしてくれる。ウロついた後また病室に帰る。・・ヒマだ・・。

夕食が6時半までに配られる。・・コレを食した後、4食分絶食となる。俗に言うプチ断食。・・ヤセるな・・。食わずして栄養が送られるわけだから「ヤセました」って他の人も書いてたし。

軽くウキウキ感に浸りながら夕食に・・しかしほぼご飯、おかずちょびっとの病院食にウキウキ感もすぐ廃れた。あぁ・・。入院してるなアタシ・・。

そして9時消灯・・のはずが横の人、前の人テレビを遅くまでつけててまぶしくて眠れん。子連れなんだから早く寝ろよ・・。
[PR]
# by dysplasia | 2007-01-23 21:20 戻る
12月8日の結果。
一週間で結果が出た。医者がせかしたら早めに出す事もできるらしい。・・セールじゃなかったか・・。

前回、「入院今じゃなくて良かった」と言いましたが・・あの時の方が良かった・・。早期発見された立派な上皮内癌・・前回より育っていたらしい。

「そこでですね、年内に手術をしたいんですよ」「!」さすがに驚いた。「遅くても年明け早々には・・」

えー・・。まさか今「保険の関係で4月ぐらいにお願いしたい」とはとてもじゃないがいえる状況じゃあないようやね・・。無理かぁ・・?「無理です」そうよね、ハイ、すいません・・。

そこでダンナとともに癌宣告を受ける。っていってもそんな大層なもんでもない、まだ小さなもんやけど。

「20日入院で21日手術します」ひぃ~!腰に局所麻酔打ちますとか、点滴で眠るようにしますだとか・・。でもアタシは知ってるぞ。ネットで見て知ってるぞ。・・・尿道管するんだろう・・?アレ嫌なんだよ。痛いやんか。

そして今日は入院のため血液採取、レントゲン、肺活量と検査した。肺活量のあまりのなさに器具加えて「ふ、ふふ。」と笑ってしまいやり直し。血液取る人が何喋ってんのかわからず、両腕出して否定される。「横向いてください。耳で止血検査します」・・はっきり喋りや・・。

そんなことをしながら無事検査を終え、20日に備え飲みだめしながらいっちき書いているのでありました。

そんなワケで早ければ入院生活を年末アップする予定。おもしろい事があればいいけど。
[PR]
# by dysplasia | 2006-12-15 18:46 戻る
12月8日の検査。
さて、精密検査の話・・。待合室でしばし待つ・・。

名前を呼ばれて中待合室に行くと、看護婦さんが来て「おトイレない?」「?・・ないです」・・・そんなこと今まで一度も聞いてきたことないだろ・・?っつーか、話しかけられた事、一度もない。おおあくびしながら待ってたのに、「落ち着きがない」と解釈されたのか?

また名前を呼ばれ診察室に。「クラスⅣということは上皮内癌の可能性があります」・・知ってます。「なので精査します」・・・えぇ~・・・。コレ痛いからイヤなのよ・・。

「前回は2ヶ所取りましたが、今回は3ヶ所のつもりです」・・・えぇー・・・!米粒大とはいえ、痛みに鈍い個所とはいえ、肉片取られるの痛いんだぞ!

そういうわけで内診台へ・・。「この検査なされる方はその個所の写真、撮らせて頂いてます。顔は写りません」・・当たり前だろ・・。

ワタシ、自慢じゃないが痛みに強いです。出産時もシブかったです。そんなワタシが「いっ・・!」と声を出してしまった。「痛かったですか・・?」「はい」「もう終わります」

「出血してますので、処置しておきますね」感覚的にも結構血が出てるのは分かったけど、内診台降りた時にイスの受け皿?に血が付いてたので驚いた。

「結局4ヶ所取りました」「!」ネットじゃ7ヶ所の人もいたし、まだマシか・・。「一週間で結果出るかもしれませんので来週予約入れときます」・・今まで2週間かかってたのに1週間?年末感謝セール中にて半額!的なモノがあるのか?

そんなワケで今週、もしくは来週に結果が出ることになった。女医が「また結果待ちで落ち着かないでしょうけど・・」って言ってくれたけど「全然大丈夫です」と答えた。

ここまできたらビクビクしてもしょうがない。っていうのと・・まだどっか他人事みたいな感じがあるっていうのと・・色々あるけど、待つのだけはもう慣れた。

また何ヵ月後の検査か、入院かどっちかになるんだろうなぁ。とりあえず!結果待ちです。
[PR]
# by dysplasia | 2006-12-10 10:24 戻る
11月10日の検査。
10日の検査終了後、結果が手紙で送られてくるようにした。今まで2週間で結果が出て話聞いて、また検査・・だったのに、2週間すぎても一向に手紙が来ない。

職務怠慢か!とか言ってたら今日の昼過ぎに病院から電話がかかってきた。
「検査結果でお知らせしたい事がありますので、産婦人科のナースステーションに変わります」「はい」・・3分ほど待たされる。
「ナースステーションです。XX先生が結果についてお話したいとの事ですが、ただいま手術中なので5時過ぎにお電話いただけますか?」「・・は?はぁ・・わかりました」これで電話終了。

・・・え・・・?今1時過ぎやん・・。何のために今電話?って、今ダメなら5時過ぎにかけてこいよ。アタシこれから4時間もんもんするやんか。どうしてくれるよ、オイ。

結局5時半ほどに電話かけると「精密検査を受けた方がいいですので、金曜に来てください」「それって良くなかったってことですよね」「クラスⅣでした」

ん~・・。妙にこの女医とかみあわん。「クラスⅣだから精密検査」と言えばいいのに聞かねば答えん。そのまま電話切ろうとしてる空気見え見えだ。用件はきちんと言えよ。

とりあえず、またⅣになってしまった。はぁ・・。このままでアタシ、忘年会行けるのかしら・・。心配だ・・。

次のアップは10日以降!はぁ~。><
[PR]
# by dysplasia | 2006-12-05 22:53 戻る
2ヶ月の結果。
今日は結局問題があるのかないのか、どっちなんだ!・・が決まる検査結果発表でした。

結果「Ⅲa」ー2ヵ月後にまた細胞採取の検査。経過観察です。また取るのか・・。

先生が言うに「前々回Ⅳが出たのは細胞を検査した人がちょっと厳しかったのかもしれませんね」って、そんなのよくわからんし、そんな「てへっ」みたいに言われても・・。

それでも前がん状態に変わりはない。ということはよくわかった。早く何かを見つけるための経過観察。

ちょっと良い結果だったし、すぐ入院とかじゃなくて良かった。まぁ・・Ⅲaが2年後どうなるのかとか言われると不安やけど、とりあえず先延ばしが出来た。

とりあえず2ヵ月後にまたアップ予定!!ってことでっっ!!

d0083096_20271184.gif


~Ⅲさんへ~
Ⅲb。Ⅳ。と結果が出ましたがとりあえずセーフなⅢaになりました。こんなこともあるらしいです。出た結果一つにびくびくせずに気長にやりましょう。
[PR]
# by dysplasia | 2006-09-22 20:29 戻る
3回目の検査。
モデムが雷でイカれてしまって、ネットに繋がらなくなるという事態になっておりました。その間ケータイを持たないアタシは更新する術がないのです。・・まぁ持っててもこんな長文はイヤだけども。

さて、3回目検査は9月1日でした。2回目の時に「9月の2週目か3週目の入院と考えています」と言われてたので前回の結果と入院についての話だろうと思いつつ、診察室に入った。

「検査結果なんですけどー・・不思議な事に<問題なし>になってるのね」「はっ!?」「でも自然消滅はあり得ないのよ」・・いやーそんなことアタシにはわからないっすよ。

「おかしいでしょー・・。がん0期から問題なしに変わるなんてちょっとおかしいから、もう一回検査させてくれる?」・・・そんな風に言われてイヤって言う人いるんですか・・・?

するとその検査がっ!!今までより更に奥のモノを取って!「いたっ!」と声が出た。その後も出血して下腹に生理痛のような痛みがあった。

もうげんなりして診察室を出た。また2週間後か・・。しかも今度は良いか悪いかのどっちかに転ぶことになった。

けどね、次の結果で「問題ナシです」って言われても「ホンマか?」と思ってしまうのでナシであっても別のところでもう一回検査は受けよう・・と思ってます。
[PR]
# by dysplasia | 2006-09-13 13:43 戻る
2回目の検査。
市の女性検診で受けた検査と同じ検査の結果を聞きに病院に行った。

ーで、結果は市の検査より一段階悪かった。
「クラスⅣになってますね」「・・ふっ!」・・ふいてしまった。

<細胞診のクラス分類と内容>
 クラス I :正常
 クラス II :異常細胞を認めるが良性
 クラス III :悪性を疑うが、断定できない。
      IIIa:悪性を少し疑う。軽度、中等度異型成を想定。
        このクラスより5%が癌と検出される。
      IIIb:悪性をかなり疑う。高度異型成を想定。
        このクラスより50%が癌と検出される。
 クラス IV:きわめて悪性を強く疑う。上皮内癌を想定する。
            (上皮内癌:上皮の基底層から上の全層に細胞の異型がみられる。)
 クラス V : 悪性である。浸潤癌(微小浸潤癌を含む)を想定する。
                                   
※前がん状態は「クラス」表記です。がんになると「ステージ」で表記されます。

「えーと・・どうしたもんですかね?」「疑いがある。ということです。これから<組織診>といって子宮頚部の一部を採取し顕微鏡で検査します。」

これがーもーお!新しい機械使うとかでカーテンの向こうで「イヤ、こうしたほうがいい」とかいいながら処置された。しかも採取=切り取る、でしょ。「腕が良けりゃ痛くない」とのネット情報・・。それはやってみないとわからん、ってことよね。ひ~っ・・!!

奥までキツく入れられてるような「あいた・・!」って位の痛みが感じが何度かあった。「気分悪くないですかー」・・ええ、アンタ達の会話で不安になった位ですよ。

2ヶ所取ったらしい。その後30分待合室で待って止血具合を診る。「いいですよー。帰宅後びっくりする位出血があったらすぐ来てください」

これで2時間経過・・。台風のさなか、2時間・・。子供留守番2時間。って、長いわっ!!
・・疲れた・・。

また結果2週間待ち・・。ってもう夏休み終わるやん!次は始業式の日やん!もーおっ!
[PR]
# by dysplasia | 2006-08-18 18:30 戻る
再検査に行く。
近くに産婦人科ができた。見ると「がん検査」と書いてある。電話して聞いてみた。「再検査はできますか?」「ハイ、お越しください」

そこで行ってみる事にした。あさ9時前に病院に入り「主治医殿」と書かれたた封筒を渡す。尿を採り、血圧を測る。・・・10時になりやっと名前を呼ばれ診察室に入ると一言目に「Ⅲaまでならうちでも検査できるんだけど、それ以上になると機械がないから出来ないんだよ。申し訳ないね。」「は!?」

病室を出る。ムカつくよりがっかりが大きかった。「・・・ホントによくないんだ・・」

そのうえ清算時には検査料込みで取ろうとするから、そこはビシッと言ってやったけど、それでも900円も取られた。

電話して聞いてたのに、1時間も待たせたのに、手紙も渡してたのに、検査できません。

・・病院てそんな適当な所かね・・?時間を返せ、もしくは金返せよ。

結局大きい総合病院に再検査に。念のため、ということでもう一度子宮頚部細胞診検査をする。結果は2週間後とのこと。

ほぼまる半日病院ですわってたワタシ。座り疲れ、気疲れでホントに疲れた。

とりあえず2週間後に・・。エラい夏休みになってしまいました・・。
[PR]
# by dysplasia | 2006-08-06 08:59 戻る